ホーム 製品紹介 施工事例 会社案内 お客様の声 よくあるご質問 お問い合わせ
会社案内 会社画像
会社概要
沿革
代表者メッセージ
認定証
関連会社
掲載記事
 
ホーム会社案内 >沿革 
   
  沿 革   
   
 
1890年(明治23年)頃   初代 深井裕之助が紙すきを経て木材業を営む。
1905年(明治38年)   二代目 深井市三郎が深井製材所で機械製材を始める。
1927年(昭和2年)    二ツ井町の金野さんと合併し、能代木材株式会社(深井市三郎社長)を設立。
1935年(昭和10年)   4月、工場焼失し、舘岡製材所と能代木材(株)が50%: 50%で合併。現在の昭和木材株式会社(舘岡社長、深井市三郎常務)として創業。深井市三郎の子(三男)深井保信が昭和木材へ入社。 
1958年(昭和33年)   深井保信が昭和木材を退職し、 資本金50万円で深井材木店(深井保信社長)を営む。
1963年(昭和38年)   資本金250万円で深井銘木(株)開設。
1976年(昭和51年)   東京、深川平野町に東京営業所を開設。所長に深井保信の長男、範保が就任。
1979年(昭和54年)   先祖からの屋号「丸石」を引き継ぎ、資本金500万円で丸石銘木有限会社(社長:深井保信)を設立。
1982年(昭和57年)   東京営業所を新木場に購入し、移転。
1990年(平成2年)   深井範保が本社(秋田県)に戻り、専務に就任。
深井孝範が東京営業所の所長に就任。
1992年(平成4年)   不燃材天然木化粧合板が建設大臣認定「不燃(個)第11444号」の認定を受ける。
1993年(平成5年)   難燃天然木化粧合板が建設大臣認定「難燃(個)第3304号」の認定を受ける。
2003年(平成15年)   天然木化粧合板が国土交通大臣認定を受ける。認定番号「MFN-0279」
2004年(平成16年)   丸石銘木(有)河戸川工場がJAS認定工場になる。 
同年3月3日 中国青島開発区団結路にて、独資 登録資本 約2,700万円、総資本 約3,000万円にて、独資 青島丸石木材有限公司(社長:深井範保)を創業。 
2005年(平成17年)    天然木化粧合板 不燃材「MOEN 2」が、建設大臣認定から国土交通大臣認定に変更。認定番号「NM-8799」
同年、天然木化粧合板 難燃「山水」が、建設大臣認定から国土交通大臣認定に変更。認定番号「RM-9376」
2009年(平成21年)   社長 深井保信が会長に、専務 深井範保が取締役社長に就任。現在に至る。
     
 
 
大鋸挽き(ogahiki)
 
大鋸挽き
"ogahiki"
 
 
 
 
pagetop
 
 
 
ホーム サイトマップ